MENU

コンブと髪の関係性

コンブが髪によいとされるのはなぜでしょうか。
理由の一つに、ヨードをはじめ各種ビタミン、ミネラル、食物繊維を多く含み、髪の生成と関与することがあげられます。例えばヨードは、新陳代謝を促したり成長ホルモンの分泌を手助けしたりします。ただし、髪を作る成分はタンパク質です。コンブは、髪を生やすというよりも、ツヤのある健康な黒髪を生成させるのに役立つと言えます。
次に、栄養価について見ていきたいと思います。コンブと一口にいっても、いろいろな種類が売られています。だしをとるためのもの、ねばねばが特徴のもの、佃煮やとろろ・おぼろなどのようなご飯にふりかけるものまで様々です。少しの違いはありますが、種類による栄養価の違いはそれほどないため、一番お勧めというものはありません。ただ、佃煮やふりかけだと塩分が気になりますので注意が必要です。ミネラル分では、マグネシウムや鉄分が、ビタミン類ではカロテンやビタミンKが多く含まれています。
最後に、効果的に取り入れるための方法をご紹介します。先ほども述べましたが、タンパク質がないと元が作られないため意味がありません。ですから、たんぱく質源(卵・肉・大豆など)と組み合わせて摂るとよいでしょう。